リールメンテナンス・オーバーホール専門店
 
Selffish - セルフィッシュ 

現在の順番待ち状況(作業開始まで15日~20日)
営業時間 10:00~13:00 16:00~21:00

 24時間メール受付 shop@selffish.jp 木曜定休 
株式会社セカンドアイズ 東京都公安委員会 第305581906522号

  • Selffish_top_1

HOMEオフィシャルブログ ≫ メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H) ≫

メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

今日はスプール部です。

まずスプールは他のパーツと違い、非常に軽くないといけません。

そのためとても薄く、硬い金属でできていますので、ちょっとした衝撃で変形します。

スプール軸は丈夫なので心配ありませんが、

最も弱いのがスプールのエッジ部分(本体フレームの内側に隠れる部分)です。

テーブルから床に落とそうものなら、エッジ部分は内側にしっかりと変形します。

この金属の特徴なのですが、一度は曲がりますが元に戻すと割れます。

したがって変形してしまうとかなりまずいことになりますので、

万一の場合に備え、必ずペーパーウエス(何枚か重ねて)の上で作業しましょう。

さてスプールのケアですが、まず全体をブラシで清掃するのはいつも通り。

スプールエッジの内側は綿棒で慎重に清掃します。

清掃後にベアリングに注油します。

そしてこれが結構重要なのですが、スプールシャフトピン(スプールシャフトの根元にくし刺しになっているピン)

に、ほんの少しグリスを塗布します。

このピンはピニオンギヤの溝にスライドしながら入るため、ギヤが非常に摩耗しやすいのです。

またカタカタとノイズが出る部分なので、グリスにより消すことができるのです。

次回はサイドカバー部です。

2019年01月16日 13:21