リールメンテナンス・オーバーホール専門店
 
Selffish - セルフィッシュ 

現在の順番待ち状況(作業開始まで15日~20日)
営業時間 10:00~13:00 16:00~21:00

 24時間メール受付 shop@selffish.jp 木曜定休 
株式会社セカンドアイズ 東京都公安委員会 第305581906522号

  • Selffish_top_1

HOMEオフィシャルブログ ≫ ハンドルが付いている棒のこと ≫

ハンドルが付いている棒のこと

DSCN6659
画像は古いものか最新のものまで、ベイトリールには必ず1本存在するパーツです。
分かりやすいのでハンドル軸とかハンドルシャフトと呼ぶことがありますが、本当はギヤ軸という名前のパーツです。
つまりハンドルを取り付けるための軸ではなく、メインギヤを回すための軸です。
この軸が両軸リールの中心的存在で家で言えば大黒柱に相当するパーツです。
外から受けた水分を中まで誘導するのもこの軸になりますので、当然錆びや腐食の被害が多いパーツになります。
最も多いのはのもとについているベアリングの回転不良です。
水分を呼び込む上にハンドルは力いっぱい回されるため、センターを確保するのに相当な力を受けます。
ベアリングにかかる負荷の大きさから言えばスプール両軸受け以上になることが多いと思います。
特に力勝負となるジギングや石鯛リールはダメージが大きいので、大抵回転不良になっています。
オーバーホールのたびに交換になるパーツの代表格です。
このベアリングがやられていると、ハンドルを回した時にゴロゴロとノイズが発生します。
錆が出ているとパワーに負けて破壊されていることもあります。
日頃のケアでどうにかしてあげられないかと思いますが、分解しない限りケアできません。
せめて定期OHまでの間に錆が出ないようオイルやグリスでメンテナンスしてあげましょう。
2019年03月31日 20:23