リールのオーバーホール(分解整備)
メンテナンス・修理・下取販売

Selffish - セルフィッシュ  
新品フィールが蘇ります!

営業時間10:00~13:00 16:00~21:00 木曜定休
MBOオイルプレゼントキャンペーン中!!
                                       株式会社セカンドアイズ 東京都公安委員会 第305581906522号

  • Selffish_top_1

HOMEオフィシャルブログ ≫ フォースマスター400のオーバーホール ≫

フォースマスター400のオーバーホール

DSCN7406
今回はフォースマスター400のオーバーホール依頼です。
ハンドルを回してもスプールが回らないという状態でした。
早速分解を開始します。
最も小さい部類の電動リールで、狭い中にメーカーの技術が詰まっています。
海水が浸入しにくいよういろいろと工夫されているのですが、どうしても海水にはかなわず、各部の回転不良が起こります。
今回のケースはピニオンギヤが塩による錆で固着し、スプールと連結できない状態になっていたことが原因です。
さらに多くのベアリングが回転していなかったため、連結したとしても、ハンドルが回らない状態でした。
当機種のほとんどが要交換になるベアリングが2個あります。
ピニオン伝達ギヤというパーツについている2個です。
どういうわけか、きっちりグリスシールしても、1年後のオーバーホール時にはゴロゴロになっています。
アクセルレバーダイヤルの近くにあるため、指先についた海水が浸入して悪さをするのかもしれません。
このベアリングが回転不良になると、ジャラジャラという音が大きくなり、次の段階ではハンドルが極端に重たくなります。
錆びついて取れなくなる前に交換できるよう注意が必要です。
2019年07月27日 09:41