リールのオーバーホール(分解整備)
メンテナンス・修理・下取販売

Selffish - セルフィッシュ  
新品フィールが蘇ります!

営業時間10:00~13:00 16:00~21:00 木曜定休

                                       株式会社セカンドアイズ 東京都公安委員会 第305581906522号

  • Selffish_top_1

HOMEオフィシャルブログ ≫ 18ステラC2000SHGのオーバーホール ≫

18ステラC2000SHGのオーバーホール

DSCN7843
今回はシマノ18ステラC2000SHGのオーバーホールです。
最近数件続いている現象なのですが、「突然ハンドルを回してもベールが戻らなくなった」ということです。
つまりオートリターン機構が正常に作動していないということです。
ベールを起こしたままハンドルを回転させると、ある位置で自動的にカタンとベールが元に戻り、ラインが巻けるという機構です。
そのある位置についているのが「内ゲリ当たり」というパーツです。
分解してみるとこれが折れてなくなっています。
18ステラからパーツの位置と形状が変更されているのですが、18ステラで発生しているので注意が必要です。
確かにそれ以前のものと比べると、土台の部分が細く破損しやすい形状になっています。
オートリターンを毎回使用する方は注意してください。
従来のリールではオートリターン機構自体は、機能しなくなったからと言って、さほど緊急事態ではありませんでした。
しかし悪いことに、18ステラの場合このパーツがなくなると、内部のオシュレートを誘導する摺動子ガイドというパーツが飛び出し、深刻な事態になります。
万一、使用中にオートリターンが効かなくなったと気づいたら、すぐに使用をやめて修理に出す方が良いです。
2019年08月16日 10:02