リールのオーバーホール(分解整備)
メンテナンス・修理・下取販売

Selffish - セルフィッシュ  
新品フィールが蘇ります!

営業時間10:00~13:00 16:00~21:00 木曜定休
                                       株式会社セカンドアイズ 東京都公安委員会 第305581906522号

  • Selffish_top_1

HOMEオフィシャルブログ ≫ シマノ スティーレ100PG  ≫

シマノ スティーレ100PG 

DSCN0857_コピー
今回はシマノ スティーレ100PG3台と他2台で合計5台のOH依頼です。
スティーレ3台は、以前にもご紹介したドラグが緩まない現象です。
3台中2台がドラグを緩めるとハンドルが重たくなり、ドラグが緩みきらないという奇妙な状態に陥っています。
カバーを開けてみると、やはり原因はいつも通りローラークラッチ部でした。
ドラグを緩めた状態で使用することはあまりないので、緩みきらないドラグはそれほど使用に支障はないということらしいです。
しかし、ドラグを緩めた状態で帰途につき、家についてみるとロッドティップが無理やり曲げられて折れていたという話を聞くと、想定していないとは言ってられないと思い、対策をとるようにしています。
同じ構造のリールもあるのですが、この現象に悩まされているのは、大体同じ機種でマルイカ釣り、カワハギ釣りをしているユーザーです。
どうもハンドルに手を掛けた状態で小突く動作をすると起こりやすいようです。
そのためステファーノ、スティーレに集中するのではないかと思います。
どちらもロッドティップがデリケートなタックルを使用する釣りなので、危険を伴う現象であると言えるでしょう。
ドラグを緩めても糸がスルスル出てこないようになるとその後エスカレートしていきますので、早めに対策をした方が安全です。
2019年12月07日 17:42