リールのオーバーホール/メンテグッズ販売
Selffish - セルフィッシュ   オーバーホール実績20,000台超

営業時間10:00~13:00 16:00~21:00 木曜定休日

HOME ≫

現在待ち時間の目安  着手まで1週間程度

Selffishはこんなことをする店です

リールメンテナンス
Selffishは、リールのオーバーホールおよびメンテナンス用品の開発・販売をしています。

日頃のストレスから解放され、大自然の中で楽しむレジャーであるフィッシング
緊張感あふれる魚とのやり取りの中で、威力を発揮するリールという道具を、安心して快適に使えるようにするためのサポートをいたします。

水辺で楽しむレジャーゆえに、機械であるリールには想像以上に過酷な環境での使用になるため、適切なケアが必要になります。
釣りにおける頼れる相棒であるリールを、大切にし永く活躍してもらうための店です。
 

メンテナンスとオーバーホールの違い

Selffishでは、リールの性能を維持するために日頃ユーザーご自身が楽しむ、工具を使った分解を伴わないお手入れを「メンテナンス」、工具を使った分解を伴う作業を「オーバーホール」と呼んでいます。
日々、ユーザーの皆様がメンテナンスを楽しみ、定期的に内部の汚れや消耗品の交換を行うオーバーホールを依頼するという流れで、大切なリールにベストコンディションで永く活躍してもらえるよう考えています。
 

こんなお客様に喜ばれています

安いものを使い捨てにする傾向が徐々に薄れ、自分の価値観や趣に合ったものを大切に使うことを日頃から意識している人が多くなってきていると感じます。

日常でも趣味の物でも、良いものを手入れをしながら永く使いたいと思っているお客様に喜んでいただいております。

釣りに使うリールも、相性ぴったりのものが人それぞれに違いますが、どのリールでも大事にしながら愛情をもって永く使っていただきたいとSelffishは願っています。
 

メンテナンス・オーバーホールで解消

0000245420.jpg
新品時の快適な使い心地を覚えていますか?

Selffishのオーバーホールは、新品時の状態を理想とし、できるだけその状態に近づけ、かつ長期間維持できるよう考えられています。

メーカースペックを超えて、極限まで一部機能を向上させるチューンナップとは違いますので、定期的な汚れの除去はもちろん、譲ってもらったリールやオークションで手に入れたリールなどのリフレッシュに最適です。

◇狙ったポイントにキャストが決まらない
◇自分より遠くまで飛ばす人がいる
◇先週大丈夫だったのにハンドルがゴロゴロする
◇ノイズが気になってあたりに集中できない

などはリールのコンディションを整えれば解消できることがほとんどです。

日頃からのメンテナンスと定期的なオーバーホールが機械には必須です。
周りの人よりたくさん釣る人はみな道具に気を配っています。
 

不要なリールをご提供ください(ダイワ・シマノ・アブ)

パーツが1個あればまた使えるようになるリールがたくさんあります。
Selffishではリールのパーツを常時必要としています。
壊れているものでも構いませんので、不要なリールがございましたらご提供ください。
ダイワ・シマノ・アブの不要リールを何台かまとめて着払いでお送りいただけると非常にありがたく存じます。
ご提供くださいました方は、SelffishのBenefactorとして認定させていただきます。

  送付先 〒177-0042 東京都練馬区下石神井5-1-1 Selffish 
                     ☎03-6913-2506
 

ショップコンセプト

■Selffishとは

「Selffish(セルフィッシュ)」とは、
Self(自分の)+Fish(魚)を釣るという意味と、それをみんなと同じようにではなく、Selfish(自分流に)楽しむという意味をあわせ持つ言葉として作りました。

一口に釣りといってもその楽しみ方は人それぞれで、釣り人の数だけ楽しみ方があると言えます。
Selffishでは、とことん釣りを楽しむためのこだわりのアイテムをどんどん産み出していきたいと考えています。
ユーザーの方々が「なるほど!やるな」と唸る顔を想像しながら新商品づくりに励んでおります。