ミニチュアベアリングの寿命

先日お客様より質問がありました。

「一番やられやすいベアリングはどの位置にあるものですか?」

通常ベアリングの寿命はかかる負荷と回転数で決まります。

例えばベイトリールで負荷がかかる場所はスプール両軸受けです。

また、回転数もここが一番なので、

真っ先に回転不良になるのはスプール両軸受けです。

次に頻繁に交換になるのがピニオンギヤの両端にあるベアリングです。

ギヤ比1:8のリールならばハンドル1回転につき、

ピニオンギヤは8回転しますので、8倍早く寿命を迎えるはず。

またドライブギヤに押されて相当な負荷もかかります。

そしてもう一つの重要なファクターが錆びです。

釣具は水辺で使うものですから、錆びによるダメージが最も大きな原因です。

最も錆びている確率が高い場所、それは外気に近い場所。

つまり簡単な分解で注油できる場所にあるベアリングです。

注油により錆びを防ぐことができますので、

たまに良質なオイルを与えてあげましょう。

詳しくはHPの「簡単メンテナンス」をご参照ください。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP