水没について

このところ「鈴木さん、水没しちゃった~」

というご依頼が多くなってきました。

止むを得ない状況でリールの泳がせをしてしまうのだと思いますが、

ガンガン釣りに行っているということなのでちょっとほほえましく感じます。

さて、水没したリールはどういうことになっているかというと、

至る所に水が溜まっており、グリスが乳白色になっています。

はちみつを混ぜたヨーグルトのような感じです。

ほとんどの部分はこのグリスを取り除いてから、オイルで洗浄、

エアーでオイルごと飛ばして、魔法のヴェールで防錆します。

ただどうしようもないのが、ベアリングです。

ベアリングは内部に水が浸入しているかどうか、

水没してしばらくは分からない場合があります。

1か月もすると水分が浸入しているベアリングは回らなくなりますので、

はっきりわかりますが、それまで放っておくと他が錆びてきます。

Selffishでは現状で回転不良のベアリングは交換しますが、

今は正常というものはご指示がない限り交換しませんので、

1か月以内にノイズ発生なんてこともあり得ます。

もちろんその場合は作業料なしでベアリング交換しますが、

10分間以上の水没の場合はベアリング総取替えが安心です。

リール・メンテナンス【selffish セルフィッシュ】
03-6913-2506

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP