リールメンテナンスを楽しむ(ステラSW8000PG)

今日はローター部のメンテナンスです。

ローターもやはり海水にさらされやすい部分です。

さらにこちらはリールの内部に通じるスプール軸が中心にあります。

ローターはハンドルに連動して勢いよく回転する部分、したがって、

遠心力を受けながらライン(獲物)が引っ張る前方への力を同時に受ける

非常に過酷な環境に置かれたパーツです。

そのうえ、真っ先に地面や壁にぶつかるパーツでもあります。

当然にして、傷みも激しく、汚れも非常に多いので、きっちりケアしてあげましょう。

まずラインローラー部、こちらは一日中海水を手でかけていたような状態なので、

まずはブラシで丁寧に塩分を除去します。

次にアームとの隙間から内部のベアリング部分にオイルを注してあげます。

※最近のシマノ製一体型ラインローラーは注油禁止ですのでご注意ください。

ベールや止めているネジなど錆が出そうな金属部分は塩分をきちんと落として、

防錆します。ネジの周辺など稼働部はグリスアップもします。

スプール受け部もブラシ清掃のうえグリスアップを。

最後にベールの動作確認を行って終了です。

次回はハンドル部分です。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP