メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

今回はベイトリールのセルフメンテナンスです。

ベイトリールは大抵スプールを取り外すことができますので、

サイドカバーおよびスプールを外した状態でメンテナンスしていきます。

その前に、ラインの処理をします。

スプールを本体から外すとき、ラインをレベルワインドより内側に

巻き込まないとなりません。

このときただぐるぐると巻き込んでしまうと、後々トラブルの原因になります。

ラインを巻き込むときは、ラインの先端がレベルワインドの内側に入ると同時に

ラインを上手く捕まえて、先端にテープを四角くつけてください。

それからスプールにテープで止めます。

なぜこんなことをしないとならないのか。

ラインを再度レベルワインドから引き出した時に、交差しないようにするためです。

それからスプールを外して準備完了です。

次回は作業に入ります。

関連記事

最近の記事

  1. フィールドでチェック

  2. 謹賀新年

  3. リレーションサービス第1号誕生!

TOP