メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

それでは作業に入ります。

まず本体部分を防錆・防汚剤を含ませたハブラシで隅ずみまで

清掃します。汚れがひどいときは、ハブラシをシリコンスプレーで

きれいにしながら作業を進めます。

ハンドル側、ドラグ部も汚れや水分がたまりやす場所です。

全体のブラシ清掃が完了したら、次はオイルケアです。

ハンドルノブの付け根とノブ内部のベアリングに注油します。

浸透性の高いオイルなら、ほんの少量で大丈夫です。

本体のメンテナンス続きは次回です。

 

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP