スコーピオンDC 100のオーバーホール

今回はスコーピオンDC 100のオーバーホール依頼です。
一度海で使用し、そのままにしておいたらハンドル回転がおかしくなったとのこと。
早速内部を分解・チェックしてみると、各部に錆が出ていました。
あまり時間が経過していなかったので、錆びは簡単に除去できる状態でした。
錆びは出ているものの、グリスがパーツを保護していたため、ダメージは少なかったのだと思います。
特にやられていたのは、やはりギヤ軸の付け根部分で、ベアリングが完全に回転していない状態でした。
海水の主な浸入経路の一つがギヤ軸周りです。
海水域で使用する場合、できるだけ海水にさらさないこと、そして釣行後はちょっと丁寧にオイルケアすることが重要です。

関連記事

最近の記事

  1. 神奈川県 Y様

  2. 東京都 K様

  3. 福岡県 S様

TOP