T3AIR6.8L-TWのオーバーホール

今回はT3AIR6.8L-TWのオーバーホール依頼です。
大活躍しているリールのようで、全体的にリフレッシュした方が良い状態です。
ハンドル回転に新品時のシルキーさはなく、ゴロゴロとした感じです。
またスプールに巻かれたラインが均等になっていません。
パーツチェックをしながら、スプール、ハンドルと分解していきます。
砂利によるグリスの汚れもあり、回転時ノイズの原因となっていました。
元々当機種についてはベイトフィネス専用機ですので、かなりデリケートな作りになっています。
わずかな汚れ・砂利で不具合が生じるほどの機種なので注意が必要です。
特にダイワ製のベイトリールに数多く搭載されているTW。
これは飛距離を劇的に伸ばすことができるパーツで、ピッチングなどでも予想より遠くにルアーが着水します。
しかし弱点もあり、それが汚れです。
砂利の一粒、泥の一滴でラインの制御が乱れ、巻き取りの不均一、飛距離の低下を招きます。
釣りをしながらでも綿棒で清掃してあげた方が良いくらいのパーツです。
このパーツは念入りにチェックし、防汚剤で仕上げます。
リール本来のスペックを維持するために清掃必須のパーツです。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP