キャタリナBJ200SHのオーバーホール

今回はダイワ キャタリナBJ200SHのオーバーホール依頼です。
特に大きな異常は感じていませんが、若干クラッチがかたい感じとのことです。
クラッチ周りを特に入念にチェックしながら作業を進めていきます。
この機種は本体カバーを止めているネジが固着し、外れにくくなっていることが多いのですが、当リールは良好な状態でした。
内部にも腐食や錆びは出ておらず、若干の塩ガミと汚れを取り除くことで良いコンディションにできそうです。
ベアリングについては、ギヤ軸を支える2個が回転不良になっていました。
この2か所については、大きなハンドルで力強くラインを巻き上げるため、どうしても大きな負荷がかかります。
錆びによるダメージよりも力によるダメージが大きいケースになります。
片ハンドルで力を入れて回すリールは同じ状況にあると思ってください。
ギヤ周りは今のところ摩耗も少なく、清掃・グリスアップして組み上げ、完了です。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP