コンクエスト200HG、メタニウムMGL、メタニウムDCのOH

今回はカルカッタコンクエスト200HG、メタニウムMGL、メタニウムDCのオーバーホール依頼です。
どれも不具合はないが、ハンドル回転時にわずかな違和感を感じるとのこと。
3機種とも丁寧に使われている様子で、OHのタイミングからもリールへの深い愛着を感じます。
コンクエストのみギヤ軸部のベアリングからノイズが出ていたため、手元にゴロゴロとノイズを感じました。
メタニウムについては、2台とも交換パーツはなく、ギヤ周りのグリスアップによりコンディションを整えました。
スプールの回転をどれも良好でした。
隅ずみの汚れを除去し、防錆・防汚処理のうえ組み上げました。

関連記事

最近の記事

  1. シマノ 10ステラ1000PGSのオーバーホール

  2. シマノ 06電動丸3000 IKAスペシャルのオーバーホール

  3. ABUカーディナル33のベール動作不良改善

TOP