オシアジガーNR1500のオーバーホール

今回はシマノ オシアジガーNR1500のオーバーホール依頼です。
クラッチが切れない状態で、スプールの回転も気になるとのことです。
動作確認しようとすると確かにクラッチが動きません。
分解しながら原因をチェックしていきます。
ハンドルを外し、本体カバーを開けると、ピニオンギヤとスプールシャフト、スプールベアリングとハウジングが固着して動かない状態になっています。
この状態になった時には、無理にクラッチレバーを下げるとヨークというプラスチックパーツが破損しますので気を付けてください。
オイルを浸透させて固着部分を少しずつはがしていきます。
無事に取り外しできたら、固着していた部分の錆びと緑青をきれいに除去、防錆処理します。
全パーツを清掃、チェックし、グリスアップしながら組み上げします。
ノイズの出ているベアリングも交換し、ベストコンディションになりました。
今回のようにメーカーに修理を断られたケースでも直せる場合がありますので、Selffishにご相談ください。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP