セフィアCI4+C3000HGSDHのオーバーホール

今回はシマノセフィアCI4+C3000HGSDHのオーバーホール依頼です。
長年の使用でシャリシャリ音が気になり始めたとのことです。
各パーツの状態をチェックしながら、分解していきます。
内部のグリスもそこそこ汚れており、粘度が下がっています。
潤滑不足になる1歩手前という状態でした。
ギヤの歯には摩耗は見られず、シャリシャリしたノイズはベアリングから出ているものと思われます。
内部のベアリング4個を交換し、本来のシルキーな巻き心地が蘇りました。

関連記事

最近の記事

  1. ダイワ ミリオネアICV100Rのオーバーホール

  2. ABU アンバサダー4600C3の定期メンテ

  3. ラインを巻き込むときの工夫

TOP