18ステラC2000Sのオーバーホール

DSCN4062_コピー

今回はシマノ18ステラC2000Sのオーバーホール依頼です。
以前よりご注文をいただいているご常連様です。
当機種は約1年前に当店で見させていただいたリールで、最近コツコツというノイズが出始めたとのことです。
今回も全パーツをチェックし、ノイズの原因となるパーツを特定していきます。
内部の状態はグリスの汚れも少なく良好ですが、ハンドル回転時のノイズが大きく、ステラらしくない巻き心地です。
前回が水没によるケアであったため、症状の出ていなかったベアリングがノイズを発し始めたようです。
すべてのベアリングをチェックしてみると、やはり4個のベアリングからノイズが出ていました。
ベアリングを交換し、ステラらしいしっとりとした巻き心地が蘇りました。
リールが海水に浸かってしまった場合、すぐに内部に浸入した塩分を除去することが重要ですが、ベアリング内部に入った水分は除去できません。
したがってノイズの出ているベアリングはその時点で交換しますが、作業時にノイズの出ていないものについては海水にやられているかどうかが分からないため交換しません。
後日ノイズが出始めたら交換していくということになり、今回のように数回のオーバーホールが必要になります。

2020年02月10日 11:07

関連記事

最近の記事

  1. 神奈川県 Y様

  2. 東京都 K様

  3. 福岡県 S様

TOP