18フォースマスター600のオーバーホール

DSCN5003_コピー

今回はシマノ18フォースマスター600のオーバーホールです。
一瞬水没してしまい内部がどのようになっているか不安とのことです。
いつも通り、分解しながら内部の状態が分かるように写真を撮っていきます。
水没といっても一瞬のことなので、内部に塩の塊ができたりというわけではないようです。
それでも海水の浸入があればすぐに錆につながるため、海水の浸入経路を確認しながらグリスケアしていきます。
内部への海水の浸入は少しあったようで、ベアリングがやられていました。
ハンドルを回した時に少しジャラジャラとノイズがしていましたが、このベアリングを交換すると静かになりました。
電動リールは元々モーターの回る音や数多くのギヤが回る音が出ますので、多少のノイズはあるのですが、この機種は非常に静かです。
この時期はメーカーメンテナンスは非常に時間がかかるため、1週間くらいで戻してもらえると嬉しいとのことでした。
急ぎのお客様の場合は、夜間作業で早く完了できるよう工夫いたしますので、パーツの破損などが無ければ比較的早めに完了できます。

2020年02月20日 18:21

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP