ABUモラムZX3601MAGのオーバーホール

今回は何度もご依頼いただいているお客様からで、モラムZXシリーズ3機種になります。
クラッチの動作不良やレベルワインドの不調が出ており、原因を明らかにして改善策をご案内します。
クラッチの動作不良については、主に汚れによるもので清掃およびクリスアップにより概ね改善できました。
もう1か所、モラムシリーズ共通の構造であるクラッチレバーのピンが若干引っ込んでいたので、時々動作不良を起こしていたようです。
こちらはエポキシ系の接着剤で軽く動きを止めて、適性の位置を保つよう処置しました。
もう一つのレベルワインド動作不良については、ウォームシャフトにはめ込んであるプラスチックギヤが抜け落ちており、連結していない状態でした。
この機種では時々起こりますが、本体カバーの着脱時に力を込めると抜け落ちることがあります。
それほどしっかりとついている部分ではないので、できるだけ着脱時に力をかけないようにし、たまに抜けかかっていないか指で押して確認すると良いです。
きっちり使用されており、汚れもMAXでしたので、きれいに清掃、グリスアップしてリフレッシュしました。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP