04カルカッタコンクエスト800Fのオーバーホール

こんにちは Selffishの鈴木です。

今回は、シマノ 04カルカッタコンクエスト800Fという船釣専用の最高峰両軸リールです。マスターギアの直径を最大化するためのフレーム形状、ブランキングスプールという特徴を持ったリールです。当時はそれまでのカルカッタシリーズにはないハイスペックを打ち出し話題となりました。

20年経過した今でも第一線で活躍しているということが、このリールの高性能と堅牢を両立している証といっても良いと思います。

しかし、さすがにこの長期間経過すると塩による傷みが大きいものが多く、定期的なケアをしていない場合、分解自体ができず作業不能ということもありますので、潤滑不足になるまえのグリスアップが不可欠になります。

今回のリールは、ハンドル回転が重たく、回転もスムーズではなくなっており、十分な潤滑ができていない状態です。スプール回りのギアやレベルワインダーのパーツが特に乾いた状態になっていてケアが必要です。

 

スプールとレベルワインドを連動するクロスギアBというパーツは、塩で回転が悪くなっており、固着する寸前の状態でした。分解して、塩ガミをきれいに除去してからオイル・グリスでケアします。

レベルワインド部はキャップがすでに破損して半分になっており、ほぼ使用不能の状態でした。こちらは02コンクエストと共通パーツだったので、当店に在庫があり補充することができました。

ギア周りに緑青が出ていましたが、さすがにシマノの最高峰シリーズのギアは全くへこたれていません。800番という番手からも、相手はかなりの大物を想定しているので、力のかかる部分のパーツは非常に剛性が高い素材になっています。

 

こちらも緑青を除去してから、グリスアップし、塩に負けない防御力になるよう施しておきます。

これだけ塩による攻撃を受けてもフレームは全く腐食・錆びなどなく、輝きを保っているところがさすがコンクエスト!という感じです。

塩や錆びにやられていることが多いローラークラッチは、へたりもほとんど感じられず、良好な状態です。ローラーベアリング専用のグリスで潤滑しておきます。

錆びや腐食さえ発生させなければ、まだまだ現役で活躍できるリールですので、大切に扱ってあげたい名機です。

関連記事

最近の記事

  1. ABU レボMGXtreme2500SHのゴロゴロ感改善

  2. TRY-ANGLE アンダースピンキャストリールTU-01のオーバーホール

  3. ABU カーディナル6Xのベール動作改善

TOP