05ツインパワー2500のオーバーホール

本日のお客様はショップサイトをご覧になり、お問い合わせがありましたので、

九州から東京まで郵送していただきました!

遠方からのご依頼も、本当に嬉しいです!

ツインパワー2500

05年モデルですが、上位機種は年月を経ても、さすがに高スペックです。

「ハンドルが重くなってしまったので、オーバーホールを依頼したい」

というのが、今回の内容です。

MISSION!! 完全分解清掃を実施し、ハンドルの重み、不具合を解消する

到着したリールを早速拝見したところ、ハンドルがほぼ回らない状態でした。

ハンドルの重みの原因究明のために、完全分解の上、全てのパーツをチェック・清掃します。

今回、ハンドルが重くなったのは、クロスギア周りの不具合が原因でした。

こちらは調整を行い、正常な状態に修復しました。

MISSION CLEAR!?

組み立て後、ハンドルを回してみると重みは消え問題は解消されました。

が、、、

実は、、、

先ほど分解時にマスターギアとピニオンギアに欠損を発見したため、

仮組みをしてゴリ感の確認をしたのです。

ハンドルを回すと、やはりゴリ感が出ています。

重みは解消され、スムーズな回転が戻ったので、本来のミッションはクリアなのですが、

上位機種であることを考えると、少しもったいない。。

この内容をお客様にお伝えしたところ、

できることならゴリ感も解消して欲しいとのことでした。

では、もう一度分解し、延長戦スタートです!

EXTENDED MISSION!! 欠損したパーツを交換し、ゴリ感を解消する

(こちらはSelffishで自主的に提案し、実施させていただいた内容です)

この度は、なんとか不具合箇所の代替パーツを用意し、交換することができました!

MISSION CLEAR!!

これで新品同様のシルキーさが戻りました!

後日、お客様にリールをご返却したところ、ご丁寧なお喜びのメールをいただきました

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP