リールのコンディションチェック3

ラインローラーのチェックに非常に良いもの、

それは「輪ゴム」です。

輪ゴムを切って1本のラインにしてから、ラインローラーに通します。

ゴムの両端を持ち交互に引っ張ってみてください。

音もなくラインローラーが回っていれば正常です。

ベアリングがノイズを発していると、シャラシャラと音がします。

ベアリングが回っていないとすごい抵抗がかかりますのですぐに分かります。

ノイズの発生や回転不良の場合は、メンテナンスに出しましょう。

ラインがくしゃくしゃになる損害を考えたら、

メンテナンス代の方がいくらかましだと思います。

リール・メンテナンス【selffish セルフィッシュ】
03-6913-2506

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP