メンテナンスを楽しむ(シーボーグ300MJ-L)

シーボーグ300MJ-Lのメンテナンス続きです。

電源コードからソケットまで電気関係部分のメンテナンスが終わり、

機械部分に入ります。

まず全体を防錆剤(魔法のヴェール)付ハブラシで磨きます。

水分が残っているかもしれない隙間はできるだけ丁寧にブラッシングしてください。

ジョグダイヤルの溝にはコマセや魚の汚れがたっぷりついています。

ブラシの入らない部分は綿棒で清掃します。

摩擦を繰り返すクラッチレバー部はグリスを塗布します。

最近の小型電動リールの場合難しいのですが、わずかに見える隙間から

レベルワインド部両端に少量注油します。

最後にハンドルノブ部に注油して完了です。

電動リールは工具なしで取り外しできる部分がほぼないため、

細部までのケアが難しいです。

したがって、水洗いがメンテナンスのほとんどになりますので、

定期的に分解清掃を専門業者にご依頼いただくのが良いと思います。

その時に、電気部分(ソケットや電源コード)の緑青や塩による腐食が原因で、

通電しない状態だと故障扱いになりますので、作業できない可能性があります。

日頃から電気部分だけはメンテナンスを心がけてください。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP