電動リールの分解メンテナンス

電動リールについてこんなご質問がありました。

ハンドルが重たくなった感じがするが、このまま使っていて大丈夫か?

電動リールについては、セルフメンテナンスでご紹介したとおり、

工具を使わずに取り外せる部分がほとんどないので、

内部の状態は簡単に見ることができません。

したがって、ハンドルがちょっと重くなったなどユーザーの方だけが

感じ取る微妙な違和感が不具合発見の糸口になります。

まず電動リールはどのメーカーさんのものでも、かなり厳重に防水を

考慮して設計されているにも関わらず、内部のベアリングが錆びている

ケースが多く、完全に回転していないベアリングが2つ3つあります。

例えばスプール軸のベアリングが錆びて回転していない場合、

非常に高速回転で金属同士が摩擦しますので、熱が発生します。

早めに気づけば大丈夫なのですが、しばらく気づかないと、

金属パーツの周りにあるプラスチックパーツが溶けています。

こうなると修理費が高額になってくるか、最悪の場合修理不能です。

電動リールには、モーターがついていますので、ハンドルを回すと

モーターも回り、その抵抗でなかなか違和感に気づきにくいです。

はやり一番リールに接する機会が多く、熟知しているユーザーだけが

感じ取ることのできる違和感になってきます。

たまにリールをじっくり観察してあげて、正常な状態がどのような感じか

把握しておくと故障前の兆しを見逃しません。

あるいは定期的(使用時間カウントで)に分解メンテナンスを実施すると

安心です。

おや?と感じたら分解メンテナンスでチェックしてもらってください。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP