ツインパワーC2000HGSのオーバーホール

今回はシマノ ツインパワーC2000HGSのオーバーホール依頼です。
ベールが戻らなくなったこととハンドル回転時の異音が気になるということです。
現状確認すると確かにベールが何の抵抗もなく動きます。
またハンドル回転時にカシャカシャとノイズがします。
解消すべく早速分解を開始します。
ドラグノブ、スプール、ローターと順番に外していき、ベールの付け根、アームカムを外します。
内部のバネが途中で折れていました。
続いてローラークラッチ、本体と分解していくと、ピニオンギャの動きが重たい感じです。
ドライブギヤを支えるベアリングが回転していませんでした。
そのため抵抗になり、ギヤ回りの動作のだるさと異音の原因となっていました。
ギヤ周りの摩耗具合もチェックし、全パーツ清掃、グリスアップのうえ組み上げしました。
ローター周り、ベール稼働部に砂利汚れがありましたので、バネ破損の一因であったと思います。
ベール動作でジャリっという感触が出たら、早めにケアすると安心です。
ただしバネが飛び出すことがありますので、分解する場合は注意が必要です。
分からない場合や不安な場合はお気軽にご連絡ください。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP