アルテグラ4000HGのオーバーホール

今回はシマノ アルテグラ4000HGのオーバーホール依頼です。
ハンドル回転時のノイズが気になるとのことです。
ハンドル回転時のノイズは、ベアリングが原因の場合と、ギヤが原因の場合があります。
ベアリングの場合はハンドルを逆転した時も同じノイズが出るのに対して、ギヤの場合は同じノイズが出ません。
最近のスピニングリールやベイトリールはハンドル逆転ができないので、この確認方法は使えませんが、ご参考まで。
さてこのリールについては、ハンドルを逆転すると同様のノイズがします。したがってベアリングから見ていきます。
ラインローラーも含め、計6個のベアリングが回転不良になっていました。
すべて交換のご指示をいただき、元の静かな状態に戻りました。
砂利が各部に入っていましたので、ベアリングの不良も錆ではなく、砂利の混入が主であったようです。
ベアリングはギヤやその他のパーツより要交換レベルに達するのが早く、消耗品的なパーツです。
特に他よりも高速で回転する箇所、ピニオンギヤ部やラインローラー部は痛みが早いので要注意です。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP