BB-XレマーレP5000DHGのオーバーホール

今回はシマノ BB-XレマーレP5000DHGのオーバーホールです。
ブレーキレバーのクラッチ切り替え不具合です。
クラッチオンの状態(レバーを押した状態)にしてもカリカリといいながら逆転します。
早速内部のチェックをしていくと。レバーブレーキ機構部のパーツに動作不良がありました。
パーツのわずかな変形により、動作が完了しない状態でした。
変形部分を整形し、組み直してみると正常な動作に戻りました。
内部の状態も見てみると、ベアリングの回転不良が数か所見つかり、こちらも処置。
新品に近い状態に蘇りました。

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP