レオブリッツ150J-Lのオーバーホール

DSCN0443_コピー

今回はダイワ レオブリッツ150J-Lのオーバーホール依頼です。
ハンドルが回らなくなってしまったので、ついでに全パーツチェックもとのことです。
現状確認してみると確かにハンドルが全く回らない状態です。
動作確認せずに通電のみ確認して分解チェックに入ります。
シーボーグ、レオブリッツなど小型電動リールによくあるベアリングの固着によるものです。
内部を見ていくと、やはりモーターハウス、ギヤ周りのベアリングが4個回転していません。
ベアリングが錆びて固着すると、1個なら何とか動きますが、複数個になると全く動きません。
固着したベアリングを一つずつ丁寧に取り外して、新しいものと交換します。
再度同じ状態にならないようグリスできっちりシーリングして組み立てていきます。
レベルワインド部やカウンター用のギヤ周りも清掃・グリスアップし組み上げていきます。
錆びを落とし、塩を取り除いてグリスアップすることで、良好なコンディションを確保できます。

2019年10月27日 14:51

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP