バルケッタBB300PGDHのオーバーホール

DSCN0769_コピー

今回はシマノ バルケッタBB300PGDHのオーバーホールです。
ラインがスムーズに出なくなり、巻き取りもノイズと振動があるとのことです。
力を加えないよう注意しながら動作確認すると、確かにハンドル回転が重いです。
どこかが固着しているようなので、動きを見ながら分解していきます。
ギヤ軸周りやレベルワインド部に汚れはあるものの、その他はグリスもそれほど汚れていません。
スプールを外してみると、他のギヤの動きは非常に軽くて良好です。
スプールのベアリングをチェックすると、やはり錆びて固着しています。
回転も全くしておらず、不具合の原因となっていたようです。
ベアリングを取り外し、新しいものに交換します。
このベアリングは固着しやすい位置にあると思われますので、錆が出にくいよう全面をグリスシールします。
清掃、グリスアップして組み上げ、作業完了いたしました。

2019年11月04日 09:52

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP