オシアコンクエスト200PGのオーバーホール

DSCN0863_コピー

今回はシマノ オシアコンクエスト200PGのオーバーホール依頼です。
海水に浸かってしまったとのことで、全パーツのチェックと海水分の除去が必要です。
Selffishでは作業は原則到着順で行いますが、海水に浸かってしまった場合は、順番を待っている間に錆や腐食が進むので、最優先順位で分解清掃まで行います。分解清掃・防錆処理まで終われば安心なので、組み立てについては順番通りになります。
今回のリールについては、海水に浸かってすぐにお送りいただいたようで、巻き心地は比較的スムーズで腐食や錆びはなさそうです。
分解していくと、各所から海水が出てきて、内部まで浸入していることが分かります。
水没した場合に一番厄介なのはベアリングで、海水がベアリング内部に入ってしまったかどうかがすぐにはわかりません。
分解時点でノイズの出ているベアリングや回転が重たくなっているものは、当然交換しますが、一見正常なベアリングも1週間くらいでノイズを発する場合があり、交換すべきかどうかの判断が難しいです。
現時点でノイズを発している3個のベアリングを交換することにし、残りは不具合が出てきたらそのとき対応することにしました。
錆びや腐食の心配さえなければ、ベアリングは交換するだけなので、リールに被害はありません。
組上げ完了し、最終チェックを行って作業終了、安心して使えるようになりました。

2019年11月08日 19:03

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP