カルカッタコンクエスト100DCのオーバーホール

DSCN9356_コピー

今回はシマノカルカッタコンクエスト100DCのオーバーホール依頼です。
レベルワインド部にPEラインが絡み動作ができなくなった状態です。
パーツの在庫がわずかになっている機種ですので、修理不能もあり得ます。
分解しながら各部の状態を見ていきます。
まずハンドルを回しても、レベルワインド部は全く動かない状態です。
ハンドル・ギヤ・レベルワインドは連動しているので、ハンドルを回しても動かないということはギヤが破損しているということです。
内部を拡大鏡で見ながら破損状況を把握していきます。
やはりレベルワインドを動かすためのギヤが2個破損していました。
レベルワインドを動かすクロスギヤ(ウォームシャフト)にラインが巻き付いており、全く動かない状態です。
この状態でハンドルを回すと、ギヤが破損します。
今回破損していたギヤは、クロスギヤAとクロスギヤCというプラスチックパーツでした。
こちらが破損したことで他のギヤには傷もなく、被害は最小限で済んでいたようです。
ギヤ周りの傷をチェックしながら清掃・グリスアップ、組み上げと作業を進めます。
リールのトラブルで、もう絶望的に見えるものでも意外とパーツさえあれば直ることが多いので、お気軽にご相談ください。

2020年05月26日 03:35

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP