六角レンチドライバー

六角レンチドライバー

六角レンチと言えば、よく見るのはL型のもので、自分で組み立てる製品の付属TOOLなどになっています。
もちろんそれでも数回の使用ならば大丈夫です。
しかし、材質によっては、使っているうちに六角の角が丸くなってきて、ネジ穴との間に微妙な隙間ができます。
こうなるとネジをなめてしまう危険性が極めて高くなってきます。

六角ネジはなめてしまうとほとんど取り返しがつかない状態になります。
軽量化しているカスタムパーツとして販売されているネジはきっちり角の立っているTOOLを使用しないと、すぐになめてしまいます。

そこで重宝なのが、チタン製の六角レンチドライバーです。
非常によく使うサイズが4本セットになっていて便利です。

この六角レンチドライバーにしてから、一度もネジをなめたことがありませんので、かなり信頼して使っています。

またL型のものより緩め締めがスピーディーにできるので手放せません。
ちなみになめてしまった六角ネジを外す救世主は・・・トルクスドライバーです。

ご購入はこちらからどうぞ

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP