カーディナル3XBⅡのオーバーホール

DSCN5281_コピー

今日のご依頼はカーディナル3シリーズです。
3月に同シリーズのCDLをOHさせていただき、入れ替えで今回のご依頼となりました。
ベール部が既に動作しなくなっており、修理とともに清掃でリフレッシュさせていただきます。
まずこのシリーズではよくあるベールの動作不良です。
オートリターンが前提の構造になっているため、各部への負担が大きいため不具合が起こりやすいです。
ベールの動きが悪いと正しい位置まで戻らず、ラインの巻き取りができないため、正常な状態に戻していきます。
ベール部のスプリングが破損していることが多いのですが、やはりこのリールも片側のスプリングが欠損していました。
スプリングを新しいものに交換し、汚れを落としてグリスアップ、正常な状態に戻りました。
内部のグリスもかなり汚れており、限界の状態でしたので、きれいに除去し、防錆処理とグリスアップをして状態を整えます。
ドラグ音を出すための音出し用スプリングも欠損していましたので、バネ鋼材を補充して音が出るように修復します。
ラインローラー部も回転しない状態になっていましたので、清掃・研磨調整を行います。
オールドリールは部品の代替ができないことが多いため、いかにして今のパーツを良い状態に保つかがご長寿の秘訣になります。
手はかかりますが、できるだけ汚れを溜めず、十分に潤滑することが大切になります。

2022年05月19日 02:36

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP