シマノオシアジガーLTD3000PGのオーバーホール

今回はオシアジガーLTD3000PGの修理依頼です。
ハンドルが空回りして糸を巻き取ることができないとのことです。
オシアジガーによくある現象ですが、同じ原因でクラッチが硬くて切れないという場合もあります。
これは、本来クラッチレバーを動かすことにより、ピニオンギヤがスプール軸上でスライドしなければならないところ、錆びや腐食で動かない状態になっているために起こります。
ピニオンギヤが動かないのは、スプール軸に固着している場合と、ピニオンギヤを支えるベアリングと固着している場合があります。
どちらの場合も力づくでレバーを動かすと、大抵破損しますので、ある程度のところで諦める必要があります。
この現象により予測できるのが、海水がスプール軸をつたって内部にまで浸入してくるということです。
簡単にスプールが外せる機種なら良いのですが、この機種は分解しないとスプールを外すことができませんので、予防策としてはメカニカルキャップを外して注油あるいはベアリング用グリスでシールするのが良いと思います。
また、固着するには全く動かさない時間が必要なので、とにかくハンドル1回転でも動かすことで、固着は避けられます。
Selffishでは、このような事象から機種ごとに必要な予防的処置をしています。当機種ならスプール軸部分ベアリングやピニオンギヤ部のベアリングのグリスシール強化などを施します。
それでも海水の強さにはかないませんが・・・

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP