ネジの緩みで思わぬ事態に(シマノ プレイズ)

こんにちは Selffishの鈴木です。

今日はネジが緩んでしまうことで起こる悲劇です。

機械のネジはすべて定められたトルクで締めつけることが必須で、強すぎても弱すぎてもいけません。

それでも使用による微振動などでネジが緩むことがありますので、ネジ止め剤を塗布したり、逆ネジ(左ネジ)にしたり、メーカーさんはしっかり止まるよういろいろ工夫しています。

今回の事例は、電動リールのピニオンギヤ部分の固定ボルトが緩んでしまったことで、関連パーツであるバネが外れてギヤに巻き込まれるという不具合でした。

そのうえ、構造上2本必要なバネが1本欠損したことで、ギアとスプールの連結が頻繁に動作不良を起こすようになってしまいました。

この部分のネジは、緩みが出ないようネジ止め剤を塗布してありますが、長年の微振動や熱により緩んでしまうことがあります。このリールでは、ネジと押さえるべきパーツに1mmくらいの隙間ができて、大きくガタついている状態でした。その結果、収まっているバネが飛び出し、ドライブギヤに挟まれてしまいました。

 

ネジの緩みは、各回転部品のセンターをずらしてしまうため、特にギア関連部分の場合は、ギヤの破損を引き起こす可能性が高くなります。

定期的な点検整備により、固定ボルトのチェック・増し締めを実施すると安心です。

関連記事

最近の記事

  1. シマノ オシアコンクエストCTのクラッチ動作不良

  2. 第54回霞ヶ浦クリーン大作戦「53PickUp!・春の陣」

  3. フィールドでチェック

TOP