シマノ 18ビーストマスター2000の異音

こんにちは Selffishの鈴木です。

今回は、シマノ ビーストマスター2000という電動リールで、モーター巻き上げ時に異音がするとのことでご依頼となりました。

電動リールについては、電気部分はメーカーでないと触ることができませんので、モーター巻き上げ時の異音については、本来メーカー修理依頼となります。ただし、モーターホルダーという減速ギア周りが原因の時だけ、電気部分には触りませんので改善することができます。

改善できない可能性もありますが、可能性のあるモーターモルダー部分を分解・チェックしてみることにします。

モーターホルダーカバーの中には、減速ギアというパーツが2個入っており、ギアとギアの間に座金がいくつか入っています。ナイロンのワッシャーなので、破損しやすく、破損すると断片がギアに挟まれて激しい異音を発します。

紙をクシャクシャとつぶすような音であったり、一定の間隔でパチパチという音がするのがナイロンワッシャー破損の特徴的な異音です。

分解してみると、やはり減速ギア下のナイロンワッシャーが裂けて回転するギアに接触していました。

元々がきれいなドーナツ型のワッシャーですが、ギアの歯に引っ掛かり、少しずつ削られて画像のような形状になっていました。

この機種では数回同じ状況を経験していますので、何かの拍子にこのような事態になることがあるようです。

特にハンドルが重くなったり、スプールの回転が悪くなるということはなく、異音さえなければ普通に使える状態の不具合ですので、お持ちの電動リールが同じ機種で、思い当たる症状があればこのワッシャーをチェックしてみると良いと思います。高いパーツではないので、パーツチェックで変形していたり、小さな引っ掛かりが出はじめていたら、交換しておいた方がよい部分になります。

関連記事

最近の記事

  1. シマノ 09コンクエスト201DCのオーバーホール

  2. ダイワ ジリオンTWHD1000のオーバーホール

  3. ABU AMB4600Cの動作不良の改善

TOP