よく見るパーツの不具合

どのようなタイプのリールにもほとんどついているパーツに、

ローラークラッチ(ワンウェイクラッチ)というものがあります。

ハンドルを逆転しないようにするためのパーツで、

センターに金属のカラー(リング、チューブ)が入り、

その周りにドーナツ状のパーツを組み合わせたものです。

このパーツ、実はベアリングの一種で、接点は金属でできています。

つまり錆びます。

この機構はどのリールでも比較的外気にさらされる位置に近いところにあり、

他のベアリングなどよりやられやすい状態にあります。

したがって、結構錆びています。分解しないとわからないのですが、

錆びているものが多いです。

あまり過度にやるとハンドルが逆転してしまいますが、注油によるお手入れが

必要なパーツです。

錆が出ると大抵小さなノイズが出ます。シャーというケースや、

キュルキュルという音になることが多いので、なんか聞いたことないノイズだな

と思ったらこれかもしれません。

また、注意深く見てみると、ハンドルが本当に微妙に逆回転します。

こうなるともう限界が近い状態です。(もうすぐ逆転し始めます。)

これもリールからの交換してのサインですので、見逃さないようにしてください。

 

リール・メンテナンス【selffish セルフィッシュ】
03-6913-2506

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP