ステファーノ201のオーバーホール

DSCN8305_コピー

今回はシマノ ステファーノ201のオーバーホール依頼です。
当店のお客様の中で1,2を争う釣り好きGで、難しい釣りにはまっているようです。
今回は釣行時に起こった史上最強の根掛かりによる愛機へのダメージを心配されて、チェック依頼となりました。
リールに無理な力を掛けてしまった場合のポイントをチェックしていきます。
スプールへの力がかかっている可能性が高いため、スプールの状態と関連するギヤ、ベアリングを見ていきます。
まずはスプール軸の変形、ベアリングの破損をチェックし、続いてピニオンギヤ、ドライブギヤとチェックしていきます。
スプール軸の変形はありませんでしたが、ベアリングの破損、回転不良が若干心配なので、わずかにノイズの出ているベアリングを交換します。
スプールの回転性能が釣果勝負のカギとなる釣りであるため、ここは入念にケアします。
続いて内部のギヤ周りをチェック。
破損しやすいピニオンギヤも問題なし、ドライブギヤの歯も傷なしで一安心です。
ライトラインでの釣りなので、より重要となるドラグ性能も念のためチェックしておきます。
ギヤに付着しているドラグ座金の汚れを取り除き、ドラグ用グリスSiGでスムーズな滑り出しを確保します。
組み上げ後の動作確認により、回転の歪みをチェックし完了となります。
今回のように突発事項がありリールの状態が心配になった時にもお気軽にご連絡ください。
リール内部の状態を確認・ご報告いたします。

2020年04月28日 00:34

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP