19アンタレスの不具合

DSCN1657_コピー

最近ちょっと気になる現象に遭遇するようになりました。
19アンタレスの不具合で、「ハンドルを回してもスプールが回らない」とか「異音がする」、「ギヤの噛み合わせが悪い」「ハンドルが一瞬回らなくなる」など現象としては様々なのですが、開けてみると同じ位置のネジが外れて落ちているという状況です。
ボディ内部の本体Aシートというプラスチックパーツを止めているネジで、ほとんど触ることがないパーツなのですが、これがなぜか外れてギヤの隙間に挟まったりしています。
そのためにピニオンギヤの動作不良を起こしたり、クラッチ動作の不具合、ギヤに擦れて異音がするといった現象に繋がっています。
処置としては、ネジ止め剤を打って簡単に緩まないようにします。
この現象の怖いところは、外れるまで全く気が付くことができないという点と、外れたネジが運悪くギヤに挟まれると、ドライブギヤ・ピニオンギヤともに傷がつき、アンタレス特有の滑らかな巻き心地が失われるということです。
キャスト時にカラカラとか聞きなれない音がしたら要注意。
すぐに使用をやめて、分解チェックをしないといけません。
OH時にはこの機種だけはネジ止め処理をしています。ちょうど2年くらい使った状態で起こり始めているようなので、OHなどでチェックすると安心です。

2021年07月10日 02:27

関連記事

最近の記事

  1. ツインパワーSW14000

  2. 神奈川県 Y様

  3. 東京都 K様

TOP